ホーム > 図書館の紹介 > 郷土資料室 > ミニ企画展 > 恵那の寒天づくり

恵那の寒天づくり

平成26年度 第7回
恵那の寒天づくり

開催日時

2015年2月27日〜2015年4月22日

ミニ企画展の概要

冬になると、恵那市の山岡町には寒天干場の白い風景が広がります。そして、磯の香りが漂うことさえあります。寒天の原料は、テングサという海藻です。海で採れるものが、なぜ、この山間のまちへ・・・。大正十四年(一九二五)、岐阜県で第一号の寒天製造所が岩村町にできました。そして、そこから恵那地方のほぼ全域(現在の恵那市・中津川市)と東濃・飛騨地方にまで広がっていきました。・・・昨年(平成二六年)、明知鉄道山岡駅に隣接のヘルシーハウスが「山岡駅かんてんかん」としてリニューアルされました。この地で引き継がれてきた九十年におよぶ寒天づくりの歴史と生産量日本一を誇る現在の様子について、本図書館郷土資料として集めたものを、企画展示いたします。