ホーム > 図書館の紹介 > 郷土資料室 > ミニ企画展 > 恵那市の用水物語

恵那市の用水物語

平成27年度 第3回
恵那市の用水物語

開催日時

2015年8月25日〜2015年10月28日

ミニ企画展の概要

恵那市には美しい田畑が多くあります。平野ばかりでなく、山の中腹に至るまで田畑が広がっていて、毎年秋になると黄金色の稲穂が実ります。そして、豊かな実りをもたらしてくれます。 田があるところには、必ずため池があるか、用水が引かれていて、田畑に水が供給されています。 そのおかげで、毎年豊かな実りがあります。 そのため池や、用水は自然にできたものではなく、先人の大変な決意と努力があってこそできたものであることは言うまでもありません。 今回、恵那市の中でも大規模な保古の湖用水(東野)と中部用水(三郷、長島、武並)を振り返り、先人の願いや苦労に触れてみました。