ホーム > 図書館の紹介 > 郷土資料室 > ミニ企画展 > 大正時代の遺産 福澤桃介と大井ダム展

大正時代の遺産 福澤桃介と大井ダム展

平成24年度 第4回
大正時代の遺産 福澤桃介と大井ダム展

開催日時

2012年10月23日〜2012年12月9日

ミニ企画展の概要

大井ダムは日本で初めてのダム式発電所として、また、日本最大の出力を誇る大井発電所として、福澤桃介の手によって大正10年7月に着工、大正13年11月に竣工しました。 当時は今の時代のように機械化が進んでいないため、人力に頼ることが多く、急流を堰き止めダムを造ることは大変な工事でした。当時の大井ダムや発電所建設工事の様子を写真で展示しました。

 

展示資料紹介

  • ダムができる前の木曽川のようす写真と「木曽の奇勝恵那峡」の掲示
  • 現在の恵那峡の名所と碑
  • 大井ダム堰堤工事の現場写真
  • 大井ダム堰堤の作業工程(写真から推察)
  • 発電所建設工事写真

展示にかかわる書籍紹介

福澤桃介にかかわる書籍

  • 『木曽谷の桃介橋』      鈴木 静夫/著                       NTT出版社
  • 『経営の鬼才 福澤桃介』  宮寺 敏雄/著                五月書房
  • 『激流の人 電力王福澤桃介の生涯』  矢田 弥八/著    光風社書店
  • 『実録 春の波濤』       童門 冬二・堀 和久ほか/著  ぱる出版

ダム工事や恵那峡にかかわる書籍

  •  『恵那峡物語』          西尾 保/著   西尾企画
  •  『奥渡の丘写真集』     奥渡区編集委員会/編

川上貞奴にかかわる書籍

  • 『貞奴 炎の生涯』  佐竹 申伍/著   光風社出版
  • 『川上貞奴』      童門 冬二/著   成美堂出版
  • 『女優一代・貞奴』   一条 明/著    日本文華社
  • 『マダム貞奴』     杉本 苑子/著  読売新聞社    (館内での閲覧のみの資料があります)
福澤桃介と大井ダム展の展示風景