ホーム > 図書館の紹介 > 図書館の概要

図書館の概要

施設の概要

中央図書館開館 恵那市中央図書館は、財団法人伊藤青少年育成奨学会(理事長 伊藤喜美氏)から図書館施設と図書資料などの寄贈を受けて平成19年7月7日に開館しました。
施設名 恵那市中央図書館
所在地 〒509-7205
岐阜県恵那市長島町中野二丁目2番地5
電話 0573-25-5120
FAX 0573-25-7036
蔵書数 平成27年3月31日現在 229,323冊
館長 可知 昌洋
職員数 21人
設立 平成19年7月7日
施設概要 敷地面積 4,732.09平方メートル
建築面積 2,138.13平方メートル
延床面積 2,651.52平方メートル
(1階 1,887.11平方メートル、2階 741.02平方メートル、PH階 23.39平方メートル
構造 鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
2階建 耐火建築仕様
施設機能 施設機能
1階 一般開架、カウンター、新聞・雑誌コーナー、読書テラス、子どもインフォメーションコーナー、ジュニアコーナー、和室、朗読室、、男女トイレ、多目的トイレ、事務室、子どもの本のコーナー、おはなしの部屋、おはなしテラス、授乳室、乳幼児用トイレ、各閲覧席
2階 郷土資料室、セミナールーム、閉架書庫、倉庫、小会議室、男女トイレ
駐車場 55台

図書館の沿革

昭和59年 4月 旧恵那市図書館が恵那文化センター(中央公民館、文化会館、図書館)の複合施設として開館
収容能力 55,000冊
延床面積 737.97平方メートル
施設機能 成人・児童閲覧室、研究図書室、幼児室、録音室、永久保存書庫室、BM車庫、事務室
平成17年 8月から 市総合計画の策定に合わせ、大崎区画整理地内に整備計画の内部検討を開始
平成18年 2月23日 財団法人伊藤青少年育成奨学会(寄贈者)から図書館建設について協議依頼
平成18年 3月17日から
10月20日
(仮称)恵那市中央図書館建設協議会
市内調査、先進地視察を含む延15回の会議を開催
10月20日 市長答申
平成18年 4月11日 寄贈者から図書館施設と図書の寄贈の意思表明
市長に趣意書が手渡される
平成18年 4月 新図書館実施設計の着手
平成19年 3月1日 旧恵那市図書館休館(仮設図書館を設置)
平成19年 5月10日 中央図書館竣工 中央図書館管理の引渡し式
平成19年 7月1日 恵那市中央図書館贈呈式、内覧会
平成19年 7月7日 恵那市中央図書館開館
平成21年3月 子どもの読書活動推進計画策定
平成22年1月 25歳の絵本 市内幼稚園、保育園に405冊ずつ配本
平成22年4月23日 子どもの読書活動優秀実践校、図書館、団体(個人)に対する文部科学大臣表彰受賞
平成22年7月 子ども司書講座開講
平成22年10月 セカンドメッセージ事業開始
平成23年4月 ファーストメッセージ事業開始
平成24年7月14日 恵那市中央図書館(伊藤文庫)開館5周年記念式典
平成25年1月 図書館システムネットワーク稼働(中央図書館・コミセン・小中学校)
平成26年1月 恵那市中央図書館寄贈 伊藤喜美ご夫妻銘板設置
平成26年2月 伊藤青少年育成奨学会より駐車場車寄せ庇施設寄付
平成27年1月 新図書館システム「エルシエロ」導入・稼働

ダウンロード

趣意書(Wordファイル 26KB)

ブンさんとクンたん

bunsankuntan.jpg

膝の中に子どもを座らせて読み聞かせている親子の様子

恵那市中央図書館が目指す子どもたちへの読書推進活動のイメージに合ったマスコットキャラクターの一般募集をおこない決定。ちなみにブンさんが親でクンたんが子どもです。