ホーム > 本の紹介 > 司書のおすすめ本

司書のおすすめ本



※表紙の画像掲載に関する著作権の許諾については、出版社の許可をいただいております。

新しく入った本からPick Up !

おしゃべりがはずむフランスの魔法のフレーズ
トリコロル・パリ/著
ドミニク・ル・バグス/絵
白水社
854.4/ト
恋の予感がしたとき「お腹にちょうちょがいる」、約束をすっぽかされたら「うさぎを置かれた」…。おしゃべりが大好きなフランス人の茶目っ気とエスプリのつまった言いまわしを、イラストを添えて紹介。


動物たちは、お医者さん!
アンジー・トリウス/文 
マーク・ドラン/文
フリオ・アントニオ・ブラスコ/絵
河出書房新社
E/フ
毒ヘビにかまれたトカゲは、解毒の草を食べて治す!? 動物たちのユニークな生きざまと、かしこい治しかたを描く。子どもの好奇心を育み、観察力がグングンのびる楽しい絵本。


こんぴら狗
今井恭子/作
いぬんこ/画
くもん出版
K913/イ
飼い主・弥生の病気が治るようお祈りするため、犬のムツキは江戸から讃岐の金毘羅さんまでお参りに出され…。ムツキの往復340里の旅路と、道中の出会いや別れを描く。本当にあった風習「こんぴら狗」を基にした歴史物語。